神仏を身近に感じれる新しいスタイルの開運加持治療&カウンセリングルーム 東京都江戸川区平井 なかよし医院となり
ホーム > 脳梗塞後遺症:克服

脳梗塞後遺症:克服への道

10代少女の「脳梗塞」を【消失させて完治】した実績
脳梗塞はとても軽度なものを含めると100%全員が患う病気です。MRIにも映らないようなごく小さな脳梗塞は毎日のように私たちに起こっています。認知症も「小さな脳梗塞が脳全体に増えていく」ことで発症します。そして脳梗塞は若くして起これば人生に大きなハンディを背負わせます。それはあまりにも残酷です。 

現医学では脳梗塞が完成してしまうとそれを治す方法がありません。今年、私たちは

上頚神経節ブロック+加持 のコラボ治療

で16歳の少女の脳梗塞を見事に完治させた実績を作りました
(詳細はコチラ「脳梗塞後遺症を迅速に奇蹟的に改善させた実例」)。



脳梗塞は克服できる可能性がある! 私たちはそのことを一人でも多くの方々に広めずにはいられません。

◆一人の少女の人生が救われました!

 2018年1月、一人の少女(Mさん)の左眼に異変が起こりました。左眼の瞼が開かず、眼が全く動かず、焦点も合わず、物が二重に見えます。16歳の少女の容貌が醜くなりました。S医大で精密検査の結果、中脳梗塞と診断されますが治療法がないためそのまま退院となりました。


Mさんはバスケットボールのプレーヤーでしたが左眼でボールを見ることができないため遠近感がわからなくなり、キャッチボールさえできなくなりました。16歳の夢が崩れていきます。Mさんの母は必死の思いでネット検索をし、私たちのサイトの「脳梗塞後遺症を治す」の記事を見つけ、そして来院しました。

当院で上頚神経節ブロック+ご加持の治療を約3か月間行い、左眼が完全に動くようになり、眼瞼下垂も完治し容貌も元に戻りました。



これだけでも奇蹟ですが、奇跡はまだ続きました。

発症8か月目で再発確認のための検査MRIを撮り、9ヵ月めのS医大の検診の画像診断では、、、そう信じられないことにS医大の主治医がびっくり完全に消えていたのです。

続きはコチラ



開運加持治療&カウンセリングルーム
癒庵 ゆあん
〒132-0035 東京都江戸川区平井5-5-6-101
(なかよし医院となり)
03-6657-0170

Copyright (c) 開運加持治療&カウンセリングルーム 癒庵 ゆあん All Rights Reserved.